ネジと金属加工の請負企業。小ロットから見積、受注いたします。

トルクアナライザー試験代行サービス

設計開発担当者様!トルク管理は万全ですか?

量産ラインでねじバカ発生!!「締付トルク」は適正だろうか?

相手材の材質を変更したが、「下穴」はこのままで良いの?

タッピンねじの「ねじ種類」が多く、どれが最適かわからない。

トルクアナライザーで即解決!!

解析結果は締付破壊試験報告書で提出いたします。

トルクアナライザー

締付破壊試験報告書

締付破壊試験報告書の見方

上記右図の締付破壊試験報告書をご参照ください。図は「トルク曲線」を表しており、締結開始から破壊までのトルクを表しています。X軸は時間でY軸はトルクです。全てのタッピンネジ締結が、このような曲線をたどります。

ねじ込み始めてトルクが上がり※1、ネジの首が着座してからトルクがさらに上がっていきます。頂点のTF(締め付け破壊トルク)は締結体が破壊されるトルク値です。タッピンネジ締結のほとんどが、雌ねじ破壊です。従いましてTF点を超えて締結した場合には、ネジバカが起きていることになります。

最初のピークTD(ねじ込みトルク)はネジがその下穴に入っていく為に最低限必要なトルクです。従いまして、TF点とTD点が離れていればいるほど、安全な設計ということになります。どの程度離れていると安全かという指標が、締付破壊トルク比(F/D比)です。目安は最低3.00(相手材が樹脂の場合は3.50)です。

※1:ピークを迎えてからトルクが下がるケースと下がらないケースがあります。

トルクアナライザー試験代行サービス料金

トルクアナライザー試験手数料
試験項目 試験条件1 試験条件2 単価
締付破壊試験 部材1種類 ねじ1種類 50,000円
追加試験1 部材1種類追加毎 20,000円
追加試験2 ねじ1種類追加毎 10,000円

お問い合わせ

トルクアナライザー試験のご依頼、お問い合わせ、ご要望については下記までお願いいたします。

TEL:077-563-3388

FAX:077-564-1577

メール:info@ymzcorp.co.jp

支払い方法

  • ・代金引換
  • ・銀行振込
  • ・掛売取引
  • ・クレジットカード
商品代金のお支払いについて

営業時間

月~金曜日:9:00~18:00
夏季休暇、年末年始休暇等詳細は弊社営業日カレンダーをご覧ください。
営業日カレンダー

出荷について

通常の商品(ネジ類)は、2~3営業日で出荷いたします。詳細は下記をご覧ください。
納期に関する詳細

返品・交換について

詳細は下記をご覧ください。

返品・交換についてに関する詳細
Copyright(C) 株式会社 山 崎 
All rights reserved.